4月も半ばとなり、段々と気温が高くなってきました。
軽い運動をすると汗をかきますね。

汗は水分だけでなく、ミネラル(塩)も含まれています。
汗をかくと、身体の中から水分とミネラルが減っていきます。

水分が減ると血液がドロドロになり易くなります。
ドロドロの血液は血栓ができやすく、血管を詰まらせかねません。

ミネラルは筋肉を動かしたり、心臓を動かすのに必要なものです。
ミネラルが不足すると筋肉が疲れ易くなったり、吊ったりし易くなります。
定期的に動く心臓のリズムが乱れ不整脈がでてしまうことにもなります。

水分とミネラルが足りなくなることは危険です。
汗をかいたらまめに水分を補給しましょう。

できればミネラルが含まれた飲料水が良いでしょう。

(理学療法士)