「暑い環境で起こる健康の障害」をまとめて熱中症と言います。

症状としては、
めまい、失神(立ちくらみ)、生あくび、大量に汗をかく、
ひどく喉が渇く、筋肉痛、こむらがえり、頭痛、嘔吐、全身がだるい、
意識障害、けいれん、体温が高い・・

などが挙げられます。

熱中症の人を見かけたら、まずは

①涼しいところへ。エアコンの効いた室内や車内、もしくは涼しい日陰に移動させる。
②衣類ゆるめて休ませる
③体を冷やす
・氷や冷たいタオルで、首元、脇、足の付け根などを冷やす
・体に水をかけて、うちわやタオルなどで扇ぐ
④水分・塩分を補給させる
意識がはっきりしない時には無理に水分を補給させるのは止め、
飲めるようなら少しずつ何回にも分けて与える

「たいしたことはない」と感じても、重症になることもあります。
早めの対処を!!

(看護師)